こもごも(2020-2-8)

随分と長い間、書いてませんでした (^^;
久しぶりにボチボチと。

羽田新航路

羽田新ルートの実機によるテスト飛行が始まった。

こちらの動画は飛行機に乗って実際のルートを飛んだもの。

ルートそのものの説明はこちら。図面だけでなくフライトシミュレータによる飛行ルートの説明があり、わかりやすい。

NHK解体新書

有馬さん、なにを思ったのか、WACからNHK批判本を出版しました。

その手の人と思われますよ。。
(そうだったりして。高橋洋一さんの例もあるし。)

日韓激突

本屋によって買おうと思ったら店頭から消えていて、聞きますと
「流通も、出版社も切れているて増刷中」
とのこと。

どうやら、本の題名から勘違いしてその手の人たちに売れてしまったか?

もっともこの本が売れて内容が理解されればいいことですね。
(アマゾン見るとちゃんと在庫あるけど・・)

民主主義とはこういったもの!

香港区議選 民主派が8割超え圧勝 香港メディア | NHKニュース

NHKニュース
香港区議選 民主派が8割超え圧勝 香港メディア | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191125/k10012189921000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

すごい、やったー。

香港だけでなく日本の政治でも、賛成も抗議も民意の反映が、やればできる、と元気づけられます。

ゴルトベルクを全部聴くぞ!

バッハのゴルトベルク変奏曲の録音を全て聴いてみよう思い立ちました。

なので、どんな人たちの演奏があるのか、ちょっと調べてみると、出るわ出るわ。下記の表にその一部を書きましたがものすごくたくさんの人たちが演奏しています。

チェンバロ、ピアノは録音していない演奏家はいないのではと思われるほど有名・無名(失礼!)の演奏家が録音しています。これに加え他の楽器への編曲もバカにならないほどあります。

それだけこの曲は愛されているということなんでしょうね、

これでは、とても全録音踏破は不可能だと思い知りました(^^;

出会ったものを中心にボチボチとできる範囲で聴いていきたいと思います。

ゴルトベルク変奏曲を録音している演奏家一覧(ほんの一部)

チェンバロ
ヘルムート・ヴァルヒャ
ラルフ・カークパトリック
カール・リヒター
ワンダ・ランドフスカ
グスタフ・レオンハルト
小林道夫
鈴木雅明
渡邊順生
キース・ジャレット
中野 振一郎
曽根 麻矢子
トン・コープマン
スコット・ロス
ヴォルフガング・リュプサム リュート・チェンバロ
武久源造 山川節子 チェンバロ2台
ピアノ
グレン・グールド 1955
グレン・グールド 1981
グレン・グールド 1955再創造
アンドラーシュ・シフ
アンドラーシュ・シフ 2003
ピーターゼルキン 1994
アンジェラ・ヒューイット
アンジェラ・ヒューイット 2015
マルティン・シュタットフェルト
園田高弘
横山幸雄
高橋悠治
高橋悠治 |ピアノ,シンセサイザー
小山実稚恵
野平一郎
シモーヌ・ディナースタイン
豊増昇
アレクサンドル・タロー
藤原由紀乃
シュ・シャオメイ
アンドレイ・ガヴリロフ | 
ベアトリーチェ・ラナ
イムドンヒョク/ピアノ
ダニエル・バレンボイム
マレイ・ペライア
タール&グロートホイゼン ピアノ2台
ゲルティンガー祥子、 菅野潤 ピアノ2台
ピアノデュオ・ドゥオール ピアノ2台
弦楽器
マイスキー ラクリン 今井 三重奏
マティアス・ストリングス 三重奏
紀尾井シンフォニエッタ東京 弦合奏
トッパンホール アンサンブル 弦合奏
管楽器
カナディアンブラス 金管合奏
アウロス・クヮルテット オーボエ+弦
クローバー・サクソフォン・クヮルテット サキソフォン
井上祐子 Homecoming Woodwind Ensemble 木管四重奏
バスーン・コンソート・フランクフルト バスーン
他の楽器
カトリン・フィンチ ハープ
シルヴァン・ブラッセル ハープ
セバスティアン・リナレス&ニコラ・レスコワ ギター・デュオ
デュオ・メリザンド ギター・デュオ
アンドレーアス・ボーアゴー アコーディオン奏者
ヤンネ・ラットゥア アコーディオン
ミカ・ヴァユリネン アコーディオン
ジャン・ジェフロワ 、 アンサンブル・タクトゥス マリンバ
セルダム・セネ リコーダー
ペテル・ナヴァロ=アロンソ リコーダー、サックス
室内合唱団パダム 合唱
Jazz
清水靖晃&サキソフォネッツ サキソフォン
ジャック・リューシュ ピアノ
佐山雅弘 ピアノ
著者 :
Deutsche Grammophon
発売日 : 2009-03-02