ラベック姉妹の春の祭典

ラベック姉妹によるストラヴィンスキーの春の祭典。現代曲を得意とする彼女ららしく好ましい演奏。もはや春の祭典は現代曲とは言えないが(笑)。ピアノ2台でダイナミックでキレがいいのが楽しい。

Apple Classical上はアーティストがカティア・ラベックと1人だけになっているがこれは間違い。

Number_i – GOAT

 

なんか評判らしいので聴いてみた。

普通に楽しいじゃん、というのがファーストインプレッション。

元(?)アイドルということでは画期的ではあるが、「普通」にヒップホップということが大切かもしれない。日本の音楽シーンを変えるべく頑張ってほしい 。

 

Apple Musicにクレジット情報が追加、表示できるように

今気づいたのだが、Apple Musicの各曲についてのクレジット – 演奏者や作曲者の情報が見られるになっていた。最近、新しく追加されたらしい。

上にあげたアース・ウィンド・アンド・ファイアのIn The Stoneという曲(ブラバンの有名曲でもある)のクレジットだと非常に詳しい内容で、演奏者、作曲家、プロジューサーなどを確認することができる。作曲がモーリス・ホワイトだけじゃなくてデヴィッド・フォスターが入っているなどと重要なこともわかる(^^)。

リンク先Apple Musicの各曲の行の最後、「・・・」をクリックして表示されるメニューの1番上、「クレジットを表示」でクレジットが見られる。

In the Stoneのクレジット情報
演奏者情報だけで20行以上ある
(iPadのApple Musicの表示)

こんなに詳しい内容のクレジットは珍しいとは思うが、昔のLPではこのぐらいの演奏者表示がなされていたは確か。僕の音楽の聞き方では誰がこの音を演奏しているかなどの音楽の作られ方に非常に関心がある(10代の頃からずっと)のでこの機能はたいへん嬉しい。