Mediamarkerからの移行候補は



Mediamarkerからの移行が必要に

Mediamakerが終了なのですが、これまでTatsuhはMediamakerを重宝していただけに困ってしまいました。多機能だけど扱いやすかったのに・・

と過去を懐かしがっていても仕方がないので、今後のデータの移行先を決めることが必要です。

とはいえ、自分としてはMediaMarkerにあった機能はほぼ全て利用していたと思いますが、その全てが必須がというわけではありません。(妥協できる)

読書管理でやっていること

一般におおまかに言えば次のことす。
1. アマゾンデータを基本データプールとする
2. そのアマゾンデーターのうちから自分必要なデータを抜き出してアプリに登録する
3. この読み込みデータに読書管理(読中、読了など)、感想文などを付与する

この3つの機能は必須機能と言えます。

  1. において、MediaMarker利用してわかったのは
    アマゾンは本だけでなく電子製品など含めたデータプールとしては十分で利用しやすいことです。日本で販売されているほとんどのものがあるでしょう。
  2. においてはいくつか確認すべきことがあります。

* 書籍データだけでなく他のCDデータ、電子製品などの読み込みができるかどうか?
* MediaMarkerの現在の蓄積データをエクスポートして、移行先でインポートできるか?
1. において、現在、MediaMarkerでおこなっている読書管理機能が移行先可能か?
これは主に、MediaMarkerで行っていることの必要データを保存できるかどうかで決まります。とはいえ、移行先にお気に入りや購入済み、などの通常の読書管理ではデータは必ずしも必要なく実装されていないことが考えられます

移行先の候補としては以下が考えられます

  1. 読書メーター
  2. ブクログ
  3. googleスプレッドシート
  4. Medimaker同様なソフトを開発

以下に簡単にまとめてみました

読書メーター
  • Web読書管理サービス
  • アマゾンデータ利用可
  • インポート、ISBN登録ができない?
  • CDデータなどは登録できない?
  • 読書感想などを記録する『読書ノート』向きサービスか?
ブクログ
  • Web読書管理サービス
  • アマゾンデータ利用可
  • インポート、ISBN登録(実際はASIN登録)ができる。
  • CD,DVDなどのアマゾン販売しているものであれば(おそらく)なんでも登録できる
  • 各種メディアの状態管理向きか?
  • 購入済み、がない
googleスプレッドシート
  • 表計算ソフト。2.の抜き出しデータの保存場所。
  • アマゾンデータの利用が難しい(開発要)
  • 手作業でデータ追加・変更などをして読書管理する。
  • フォームを作成してアプリ作成できるが難しい
  • 読書管理と言うよりデータ保存、データ管理向き
DBソフトを使用してMedimaker同様なソフトを開発
  • AccessなどのDB開発ソフトを使い開発
  • 使用するDBソフトによるが、MediaMaker全部の機能は必要ないし、そもそもDBアプリとしてはそれほど複雑な処理ではないので開発自体はそれほど難しくはないでだろう。
  • アマゾンデータの利用が難しい。
  • webアプリではないのでインターネットから利用ができない
  • 難しくないとはいえ、開発作業はめんどう

移行先はブクログに

以上から、考えると

第1候補としてブクログ。
* 必要な機能はほぼあり
* 現在のデータ量が多いため手で入力は不可能なので。インポート機能で一度に多数のデータ移行が容易。ほとんどこの理由だけでブクログに決定。

次善の策としてGoogeスプレッドシート
* ブクログがどうしても使えない場合
* 手作業になってしまうが全てのデータ、データ項目が利用可能
* フィルター機能などを使えばデータの抜き出しが容易で処理がしやすい
* アマゾンからのデータ引き出しがないので、全項目手入力くとなってしまう

最悪のケースとしてはDBアプリ開発。
* デスクトップDBであれば開発は比較的容易。もちろん開発の技能は必要。
* アマゾンからのデータ引き出しがないので、全項目手入力くとなってしまう -> 何らかの開発
* (腕に自信のあるれば)Web上で形の良い出力、フォームを省略して自分の必要な機能のみのデスクトップからアプリ移植を時間をかけずつくることはできる

ということで、

まずはブクログで移行を行い。
それがうまくいかないときは、2,3,と移行していく判断することにします。

こんなに検討しなくとも判るだろ、と言われそうですが(笑)

Amazonからのデータ利用が不安だ

MediaMarker終了の理由がAmazonからのデータ利用ができなくなった、というような理由でした。

なので、他の読書管理サービス(ブクログ、読書メーター)や図書館図書DB(カーリル)などが今後も運営が続くのかやや心配ではあります。(企業図書館などで使っている図書館DBソフトもアマゾンデータを利用していたりします)

こうなったら、自作しか手は残されていませんね・・(^_^;)



(必ずしも本文と関連あるわけではありません)

こもごも2018.10.4




でました!「恐怖の男」

アメリカのジャーナリストを代表するウッドワードがドナルド・トランプについて書いた「恐怖の男」が出ました。といっても発行は12月で現在は予約受け付け中。読むのが楽しみです。

区役所のアルコール消毒器

手をきれいにするアルコール消毒のスプレイ、最近、あちこちで見かけるようになりました。
図書館には、本の紫外線(?)殺菌機が自由に使えるようになっています

ああ、デオドラントな世界、バンザイ!

Ctrl2cap

これは便利。待望のWindowsキーボードで「CapsLockキーをCtlrキーにする」ソフトです。


Mac型キーボードのようにCtlrを押す際、指の上下移動を減らせ入力が手早くなることが期待できます。Tatsuhの日頃使用しているATOKで動作し、たいへんうれしいです。

ただ、残念ながら、本来のCntlキーとは多少違った動きをするようでたたとえば「Cntl-Hで左1文字消去」が動作しないアプリがあります。


(必ずしも本文と関連あるわけではありません)

2018/7に読みたい本

SUGIURA氏のブログ記事


に影響を受けて書いてみました。

「今月に読みたい本」なので、新しい本だけなくこれまでの積ん読本が入っています。あくまでも、「読みたい本」なのでこれを読破しなければないので。次に読む、というのに近いかもしれません。

欲望の資本主義2 (NHK制作班)

放映済みのNHKのTVシリーズを書籍としてまとめたもの。

昨今、その弊害が大きくなってきた資本主義というもの根源に立ち返って、過去と未来を展望しようというもの。
ボクのようにTV番組を見た人も内容を復習、再考察
すると言う意味で有用かと思います。

欲望の資本主義2
丸山 俊一 , NHK「欲望の資本主義」制作班 / 東洋経済新報社 (2018-04-27)

対立の世紀(イアン・ブレマー)

一般市民の不満とそれを吸い上げるポピュリスト、対するエリート。明確になってきたこの対立を分析する。。らしい。

いずれにせよ、イアン・ブレマーの本は読むべきと思います。

対立の世紀 グローバリズムの破綻
イアン・ブレマー/ 日本経済新聞出版社 (2018-06-14)

いっきに学び直す日本史(安藤 達朗)

わかりやすい日本の近現代史。関心あるところを拾い読みします。

いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編
安藤 達朗 / 東洋経済新報社 (2016-03-30)

世紀の空売り(マイケル・ルイス)

リーマンショックの際に、大もうけした人たちがいた。その実態をルポするもの。
「マネー・ショート」という、わかったようでわからない題名で映画化されています。

世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)
マイケル・ルイス / 文藝春秋 (2013-03-08)

「東芝」関連のもの

どうしてこんなことになったのか?こちらが悪い、あっちが悪いなどどうもよくわかりません。
多くの本が出つつありますのでぼちぼちと・・