迷惑な羽田新航路

 

東京都心部上空を飛ぶ羽田の新飛行ルート

上の図が羽田新航路です。上の図が羽田新航路です(週刊東洋経済2018.12.8より)。着陸時に使います。着陸時に使います。新宿、渋谷などまさに東京のオフィスエリア、繁華街エリアの上です。高層ビルも多いですから誤って突っ込んで911みたいなことにならなければいいのですが。

また、騒音ですが飛行機が900m上空のとき図の帯内側で電車内の騒音と同じぐらいとのことです。当然、高度が低い場所であれば騒音は更に大きくなります。

この帯エリアで影響を受ける住民は100万人ぐらいになるらしいですが、昼間はその住民より都内のオフィスなどに集まってくる人のほうが多いことを考えると、被害を受けるのはその10倍近くになるかもしれません。

ほんと、影響が大きい迷惑な計画です。

一応、東京オリンピックへの協力用なのでオリンピック期間中は我慢してくださいと言っているようですが、おそらく、オリンピックが終わった後もインバウンドが増えているなどと言い訳を作り、オリンピック後も航路は恒常的に使われるようになる可能性があります。

官僚はそういうやり方が得意です。

横田空域

なお、この飛行ルートがちょっとだけ横田空域エリアを通っていたようでので、一部の管制を日本側で行えるように調整したようです。

横田空域にあたるというのは、最初からわかっているはずですが、航路開設の直前になってから米軍様と交渉するとは、度胸がいいというかドタバタもいいところです。(先のオリンピックでは代々木のキャンプを返してもらったのと同じ伝うまくいくと考えていた?)

ps
横田空域が返還されていればこんなもめそうな航路を設定する必要はなかったでしょう?!

本文とは 必ずしも関係ありません

なぜわざわざ立って?ーー電線を器用に渡るサルの群れ

青森県むつ市で今月7日に撮影された映像です。サルの群れが住宅の間の電線を器用に渡っています。

 NHKニュース
電線を器用に渡るサルの群れの映像が話題に 青森 むつ | NHK...
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772091000.html
サルの群れが電線を器用に渡る映像がツイッターに投稿され、話題になっています。

器用というのもありますが、どうして2つの電線の間を立って渡っているのでしょうか?
猿らしく1本の線を4つ足でつかんで歩いた方がが安全で速いような 気がするのですが。

一般にスワップ取引はヘッジ目的ですね

「報酬をドルで受け取りたかったから」・・・為替リスクを回避するための策を銀行に相談したところ、為替スワップというデリバティブ取引を勧められたというのである。・・・デリバティブ取引などと聞くと、大儲けしようとしてやっていたのかと思ってしまうが、そうではないというのが元会長および弁護側の主張である。

情報源: 新聞が書かない これが日産ゴーン元会長“無実”の証拠だ!(山口一臣) – 個人 – Yahoo!ニュース

為替スワップと聞くと大手企業もやっている為替変動リスクのヘッジ取引、という素人の認識なのですが、それを『デリバティブ取引で大もうけ』というのはイメージ操作という感じがします。どの会社もやっていることなのに。

もっとも、検察もわかっていなくて、『デリバティブ取引』と聞いた途端、『大もうけを狙うというのはけしからん』、と思ったかもしれないですが(笑)


(必ずしも本文と関連あるわけではありません)